仏師|木村光秀のホームページです。高野山で修行をした僧侶でもあり、祈りと信仰をもとに、仏像を彫り続けています

PRODUCTION

仏像制作

PROCESS

仏像制作の流れ

制作過程_写真

「何もわからないが何か仏像をお祀りしたい」といった御相談からでもO.K.です。
もちろん宗派は問いません。まずはお気軽にお問い合わせください。

1. 尊種・寸法

お祀りしたい場所に合わせて、仏像の寸法をご提示いたします。御仏壇がなければ厨子入りでも応じられます。マンション、アパート、一戸建てなど施主様がお住まいの環境に合わせて対応させていただきます。

2. 材種選定

その仏像に相応しい木(特に施主様より指定があれば応談します)を白檀・榧・櫻・檜・樟・桂といった古(いにしえ)より伝わる材種の中から選びます。

3. 彫刻

御衣木加持法_写真

3-1. 御衣木加持法
(みそぎかじほう)

いよいよ彫刻にとりかかります。御用材を大まかに刻み出したら、これからお姿を表して頂く御佛にお力を加えて頂き、その御加護によって、仏像謹刻の無事を御祈念致します。

3-2. 謹刻

ノミ、彫刻刀で荒彫り(あらぼり)から仕上げまでに1ヶ月から年単位まで丁寧に彫り進んでいきます。
特に仕上げの段階では、浄衣、手袋を着し、刀もより研ぎ澄まし(切り出し刀、平刀は天然砥石で)最後まで刃物仕上げです。(ペーパー、艶出し等は致しません)

漆箔・加飾・彩色—彫り上がった仏像に漆を塗り、金箔を押す漆箔(金)仏像、伝統的な極彩色像も応じます※(要応談)

PRICE

費用

光秀造佛處は受注制作が基本ですので、全て費用は施主様との応談で決定致します。
一応の目安は在家御仏壇本尊等(座3寸〜3寸5分)で60万〜180万円程度。寺院本尊等(座1尺以上)で300万円〜です。
尊格、材種、寸法、大方の制作日数(どの位の手間をかけるか)等で費用を算出致します。

CONTACT

お問い合わせ

信仰されている宗派は問いません。
それぞれの思いやこだわりに、当方の未熟故に思い到らぬ事もあろうかと存じまが、御指導を仰ぎながら謹刻致したいと思います。

お互いの声を聞き、その後に顔を会わせ、御佛縁を賜りますれば幸甚に存じます。

まずはお気軽にお電話でご相談ください。

TEL 0573-79-3276

MOBILE 090-9932-6571

※FAXは代表電話番号と同じです

PRODUCTION AND REPAIR

仏像制作・修理

仏像制作

PRODUCTION

仏像制作

「何もわからないが何か仏像をお祀りしたい」といった御相談からでもOKです。もちろん宗派は問いません。

仏像修理

REPAIR

仏像修理

風化や災害・人災などにより破損した仏像を、儀軌に則した形で元々の御姿に戻します。

精入れ

TO DWELL THE SOUL

精入れ

光秀造佛慮では、開眼作法からお祀りの作法。古い仏像の修復や撥遣(はっけん)お精抜きもいたします